こんにちは!株式会社ビューテックです。
弊社は福岡市を拠点に、県内全域の店舗・オフィス・マンション・アパートにてリノベーションおよび内装リフォームを手がけております。

マンションのリノベーションをお考えのオーナーさまにとって、旧耐震と新耐震については非常に気になるところだと思います。

■旧耐震と新耐震の違い

耐震について旧と新、その定義の違いは何なのでしょうか。

新耐震とは、昭和56年6月以降の耐震基準のことを指します。
正確には、昭和56年6月1日以降に着工した物件のことです。

旧耐震は、震度5強程度の中規模地震に対してほとんど損傷しないことを目標として建てられた建物です。
新耐震基準では、震度6強~7程度の大規模地震に対して、ある程度の被害はあっても倒壊して人命に危害を及ぼすことのない程度の性能を有することが目標です。

昭和56年6月以前に着工したマンションをお持ちのオーナーさまは、内装リノベーションと合わせて、耐震についての対策もお考えいただければと存じます。
弊社では、美しい内装のリノベーションはもちろん、気になるマンションの耐震についての施工も行なっております。

まずは、お気軽にご相談ください。
お持ちのマンションの耐震を調査し、内装のリノベーションと合わせて、オーナーさまにご満足いただける最適なご提案をさせていただきます。
最後までご覧いただきありがとうございました。


福岡市などの内装工事・内装リフォームは株式会社ビューテック
〒811-2243
福岡県糟屋郡志免町志免東二丁目2-2
TEL:092-410-4912
FAX:092-410-4913
※営業電話・セールスお断り